ラッシュガード子ども用の選び方!サイズは?子供は大きめでもいいの?

今や水着売り場に必ずといっていいほど一緒に置いてあるラッシュガード。子どもに着せる親御さんも年々増えています!しかしいざ、買うとなるとどう選んだらいいのか迷ってしまう方も多いのでは?ここでは子供用のラッシュガードの選び方やサイズの決め方などをご紹介します^^

スポンサーリンク

ラッシュガード子ども用の選び方は?

4e30d347bcc50b05dcc20d09cec77a47_s

子ども用のラッシュガードは最近どこでも販売していますし、サイズや形、柄なども豊富なのでどういったものにしたらいいのか悩んでしまいますよね。

選ぶポイントはいくつかありますが、大まかに挙げると
●長袖 OR 半袖
●パーカーあり OR パーカー無し
●上からかぶって着るタイプ OR 前空き(ファスナー)タイプ
等がありますが、このあたりについてはコチラの記事に詳しく書いていますので参考にして頂ければと思います。
関連記事:ラッシュガードは子供に必要?半袖か長袖どっち?中には水着を着せる?

柄や色については好みもあるでしょうが、なるべく単色カラーをオススメします
というのもUV加工されているものでも紫外線を100%カットできるわけではないので、いろんな色が使われているラッシュガードですと、色の違いによって日焼けムラになる事があります。複数の色を使われている物でも同系色の物を選ぶ方が無難です。

また、ラッシュガードはすべて紫外線をカットしてくれるUV加工が施されていると思われがちですが、速乾性が重視されている商品の中には紫外線防止機能が付いていないものも。UV加工がされている物はタグに書かれていると思うのでキチンと確認するようにしましょう。

次にサイズの選び方についてご紹介します。

ラッシュガードのサイズの選び方で子供の場合は?

ラッシュガードのサイズは普段の子どもの服と同じサイズで大丈夫です。
品物にもよりますが、本来のラッシュガードは身体にぴったりとフィットするようにキツく感じる程度に作られており、
水に入ってしまうとキツさは感じなくなるのですが、水遊び用に購入を検討していて下半身程度しか水につからない場合や、子供さんによっては締め付けられる感じを嫌がるお子さんもいらっしゃるかもしれません。
購入する前に一度試着してみる事をオススメします

また、お子さんの年齢にもよりますが海などに入ってがっつり泳ぐ場合は、大き目の物ですと水の中でもたついたり、捲れたりして泳ぎの邪魔になりますのでピッタリと体にフィットしたサイズのものがオススメです。

しかし子どもはすぐに大きくなってしまうので出来れば大きめのサイズを購入したくなりますよね。
次にラッシュガードの大き目サイズのメリットとデメリットをご紹介しますので参考にしてください^^


スポンサーリンク

ラッシュガードのサイズは大きめでもいいの?

子どもの成長を考えるとラッシュガードも大きめの物を選びたくなりますよね。
大き目のラッシュガードのメリットデメリットを見ていきましょう。

大きめのラッシュガードのメリット

●長く着られる
何よりもこれですね^^せっかく買ったのにその年しか着られないのではもったいないですよね。
●脱ぎ着しやすい
ラッシュガードは水に濡れると身体に張り付いて脱ぎにくくなります。大き目のラッシュガードであれば多少脱ぎやすくなるでしょう。水に濡れたラッシュガードを着たまま過ごしていると寒く感じる事があるので、さっと脱ぎ着できるのはいいですね。

大きめのラッシュガードのデメリット

●泳ぎにくい
先程もいったように、下半身だけの水遊び程度なら問題ありませんがプールや海などで全身水に漬かって泳ぐ場合は大き目のラッシュガードだと間から水が入って来て水の抵抗を増やしてしまい非常に泳ぎにくいです。

上記のメリットデメリットは海やプールに入る場合のものですが、最近はラッシュガードの購入目的はプールや海に入る為だけでは無くなってきています。
山に行った時の虫よけや紫外線予防目的で買われる方も増えているようです。その場合は大き目のラッシュガードを買う方が長く着られていいですね!

最後に

色んな用途に使えるラッシュガード、水に入る時用と普段使い用など複数枚もっていても便利かもしれませんね^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。