子供の外遊び冬でも行くべき?風邪をひかせない服装のコツや便利アイテムもご紹介!

839a1bbcc0a0a8a17f4f4d1e68d5ff97_s気候が良い時は毎日のようにしていた外遊びや公園通いも、
寒い日が続くと足が遠のいてしまいますよね。
しかし、子供のためには冬でも外で遊ばせるべきなのか?
さらに風邪をひかないかも心配なところですね。
ここでは寒い時期の外遊びが必要かどうかや、外で遊ぶ際の子どもの服装についてご紹介します!

スポンサーリンク

子供の外遊びは冬でもさせるべき?

寒い冬の時期に子供を外に遊びに連れて行くのは正直億劫ですよね。
しかし、冬の間中子供を家の中に閉じ込めておくことも出来ません。

何においても子育てにおいて「絶対にこうだ!」という事は難しいですし、
子供の個性もありますので、子育ては本当に人それぞれです。

子どもはそれほど催促しないのに毎日外遊びをさせる人もいれば
子どもが外に行きたがっても冬の時期の外遊びは避けて家にこもる人もいます。

しかし外の世界は子供にとって家の中では経験できない事が待っていて、
子どもの成長にもつながる事も沢山あります。
さらに屋内・屋外にかかわらず冬の間もお子さんが体を思い切り動かすことはとても重要です。

かといって無理をする必要はありませんが、やはり出来るだけ寒くても連れ出してあげる方がいいですね。
毎日がっつり何時間も公園で遊ばなくても、買い物ついでに少しだけ散歩するだけでも、
きっとお子さんにとっていい刺激になりますよ!

冬に外遊びをすると風邪をひいてしまう?

お母さんの中には、外遊びさせてあげたいと思っているけれど寒い中で長時間遊ばせて子どもが風邪をひかないか心配する方もいるでしょう。

子どもは風の子と昔からよく言いますが、
実は小さい子供は大人に比べて免疫がまだ未熟なため、大人よりも風邪をひきやすいそうです。
しかし、
平均体温が大人より高かったり、常に動き回っていて運動量が大人よりもずっと多い事で寒さを感じずに遊ぶ事ができます。

それに寒い外で遊ばせていても遊ばせなくても風邪をひくときはひきますし、
暖かいけれど人が沢山集まるショッピングモールや児童館などで遊ばせていた方が
風邪をうつされる確率は高い場合もあります。

それでも風邪をひかせないように注意するとすれば
体をあまり動かさないお砂場遊びなんかよりは、
全身を動かすボール遊びや遊具などで遊ばせた方が運動量も多く、体が温まります。

さらに温かい飲み物などを持参したり、
沢山あそんで汗をかいたらその汗が引くときに冷えないように注意してあげましょう。

スポンサーリンク

冬の外遊びの服装はどんなものがベスト?

親である自分が寒いと感じると、ついつい同じように子供にも厚着をさせたくなってしまいますが、
子どもはもともとの体温が大人より高いのに加え、動き回っているので雪の中でも汗をかくほどです。

そうなると余計に何をどれくらい着せたらいいのか悩んでしまいますし、
コートやベスト、ウィンドブレーカーにダウン・フリースなどなど
最近は色々なアウターが売られているのでどれを選べばいいのか迷いそうですね。
同じ寒い季節といっても11月と2月では気温も違いますし、
日によっても寒い日・暑い日と変わってきますので
ハッキリ言って一概にこれ1枚あれば冬の時期はOK!というものではありません。

例えば真冬にはダウンベストが袖が無い分動きやすいですし、温かいです。

コートはお出かけの際にはいいかもしれませんが、公園で遊ぶ時には動きづらいのでおすすめできません。

フリースは保温効果があり柔らかいので動きやすく暖かいですが、風を通すので風が強い日には上からウィンドブレーカーを重ねたり、中に着るもので調節すればOKです。

ウィンドブレーカーは、寒い時期だけでなく本当に年中使えるので1枚持っていて損はないと思います。
とにかくコンパクトになるので、カバンに入れておけます。
少し大きめの物を買えば先程も紹介したように寒い時にアウターの上からでも着せられますし、
夏でもお店の中のクーラーが効き過ぎている時や、
撥水加工の物なら急な雨の時にも使える優れものです。

ボトムはユニクロの裏がボアになっている暖パンなどが暖かくて人気ですが、室内だと暑すぎるという声もあるくらいなので、
気温や子供のハッスル具合によっては「暑い!」となってしまうかもしれません。
しかしご近所のママ一同、真冬にはかかせない外遊び服の一枚です。

そしていくら楽しく動き回って遊んでいても耳が冷たくなってしまうので耳宛て付きの毛糸の帽子もおすすめです。
マフラーは遊具などに引っかかると危ないので避けましょう。
どうしても首元が寒そうならネックウォーマーをするといいですね。

まとめ

外遊びに連れて行くお子さんの服装も大事ですが、
本当に寒いのは寒空の中それほど動かずにこどもを見守るお母さんです。
暖かい恰好をして風邪をひかないように気を付けて下さいネ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。