年賀状が余ったら何に使える?お年玉懸賞に応募して当選しちゃおう!!

b1fe97d1765887dcfdef0ab145263a0b_s余分に買い過ぎた、印刷に失敗してしまった等の理由で毎年のように年賀状が余ってしまう方は意外と沢山いるようです。みなさん余った年賀状をどうしているのでしょうか?ここでは年賀状の活用法や年始ならではのお得な使い方などをご紹介します!

スポンサーリンク

年賀状が余ったら何に使えるの?

皆さん、余った年賀状・書き損じの年賀状はどうしていますか?
こう聞くと、たぶん大体の方は「郵便局で新しいはがきや切手に変えてもらう」と答えるでしょう。
しかし、2番目に意外にして多いのは「懸賞応募に使ってしまう」という意見ではないでしょうか?
それほど余った年賀状で懸賞に応募する人は多く、年々増えているようです。

しかも余った年賀状と言ってもまだ印刷していない物だけではないですよ!
普通に文面(裏面)の印刷をしてしまったものでも大丈夫なんです。

例年通り余った年賀状を切手などに交換するのもいいですが、今年は年賀状で懸賞に応募してみませんか?思いがけない福が今年一番に舞い込んでくるかもしれませんよ!^^

懸賞は余った年賀状で応募してもOK!

余った年賀状で懸賞に応募しても大丈夫と書きましたが、さすがにそのまんまで出すのはあまり宜しくないようです。
余ったり失敗した年賀状で懸賞に応募するコツは
ズバリひと手間加える事!です。

まずは宛名面の切手の下の【年賀】と印刷された文字はシールやマスキングテープで隠してしまいましょう。
また、宛名面下に印刷されている抽選番号も同じくシール又はマスキングテープで上手に隠しましょう。

次に文面(裏面)についてです。
真っ白な状態の場合・・・普通にコメントや自分の住所や名前を書いてOKです!年賀状どうこうではなく懸賞に当たるコツとしてペンやマステでハガキの周りを囲むなどして少し目立つように工夫すると更にいいです!

家族写真などが入っている場合・・・あえて写真を活かす工夫をしましょう!吹き出しを付け加えてコメントやセリフを書いたり、商品が子ども用品の場合は具体的に「この子が使います!」というようなアピールをしても◎

干支のイラストやお正月のイラストがある場合・・・こちらも動物にセリフを言わせてしまったり、新年のおめでたい感じを前面に出して華やかな雰囲気のハガキにしてしまいましょう^^

印刷ミスなどでアレンジが不可能な場合・・・思い切って上から同じサイズの色紙などを貼って完全に隠してしまいましょう!思いきる事で元が年賀状だったなんて気づかれないような出来映えに!

このように宛名面・文面ともにひと手間加える事で手抜き感を無くすことで年賀状でも好印象を持ってもらえるようです^^


スポンサーリンク

余った年賀状で懸賞に当選するコツは?

今年は運試しに余った年賀状で懸賞に応募!でもどうせなら当選したいですよね?^^

当選するコツはズバリ、コメントをしっかりかく事!
そして、当たりやすい懸賞を選ぶ事!
この2点です。

まず、懸賞を主催している企業が欲しいのは、出している商品やサービスについての感想であったり使い心地、改善してほしい点などの企業にとっての役立つ情報です。
コメントには「良かった」だけなどの簡単な感想だけではなく、どこがどう良かったのか、こうすればもっと良いなど自分の意見もしっかりと入れて書きましょう。

次に当たりやすい懸賞ですが、実は年末年始は当たりやすい懸賞が目白押しなのです!
地元のフリー雑誌やローカル紙、スーパーなどの懸賞は当たりやすい上に、年始のお年玉企画などがあり大物を狙えるチャンス!
また、年末年始のローカルラジオや新聞の懸賞などは見落としている人も多くて当たる確率が高いとか。

このように、残った年賀状を持て余している時期に普段はスルーしてしまう懸賞欄等をチェックして欲しい商品をゲットしてしまいましょう!

最後に

「どうせ当たらないだろう」、「はがきを買ってまで応募するのが面倒」そう思っている方は是非余った年賀状で懸賞に応募してみてください!1度当たると案外はまってしまうかもしれませんよ?^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。