日焼け止めは室内でも必要?塗り直しとおすすめをご紹介!

暖かくなってくると気になるのは・・・紫外線ですよね。
昔は平気で化粧も日焼け止めも塗らずに出歩いていましたが、
今では恐ろしくてそんな事出来ません!
ちょっと買い物や散歩に出る時、忙しくてお化粧できない!という時でも、日焼け止めだけは必ず塗って行きます!

では、家に居れば直接お日様に当たっているわけではないので安心なのでしょうか?
気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

日焼け止めは室内でも必要?

日焼け止めは外出時だけで十分!私もそう思っていました。
しかし実際はそうではなかったのです。

紫外線の種類はいくつかあり、その中でも紫外線A波雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っています。
そのため、曇りの日も日当たりの良い家の中でも紫外線対策が必要です。

外に居る時の紫外線照射量を100%とした場合、日の当たる窓辺で約80%、日が当たらない室内でも、
紫外線は空気中に反射や散乱しているので約10%が入り込んでいるそうです。

恐ろしい!!!今まで部屋に居るときは大丈夫だろうと、思いっきり油断していました。。。

日焼け止め室内での塗り直し頻度は?

出掛けない日でも紫外線対策をするべきというなら、
朝起きて顔を洗った後、日焼け止めを塗る。これで室内の日焼け止め対策はばっちりなのでしょうか?

残念ながら、日焼け止めの効果はだいたい3時間ほどで無くなるそうです。
朝、日焼け止めを塗ってもお昼ごろにはその効果が無くなってしまうという事ですね。
3時間を目安に1日に何度か塗りなおす事が、室内でも日焼けをしないコツのようです。

スポンサーリンク

日焼け止め室内のおすすめ

室内で過ごすときに塗る日焼け止めは、外に出かけるときに塗る日焼け止めと一緒でいいのでしょうか?

長時間外で過ごす日は、より強力な日焼け止めを塗ります。
しかし、強力な日焼け止めは肌に負担がかかりそうですし、落とすときに専用のクレンジングが必要だったりで、あまり毎日毎日使いたいものではないですよね。
では室内で過ごすときに使う日焼け止めはどのようなものを選べばいいのでしょう?

先ほどお伝えしました通り、部屋の中で気にするべき紫外線はA波です。
そしてA波を防ぐ日焼け止めの基準が「PA」です。
日焼け止めの本体やパッケージに【PA+】とか【PA++】書いてある、あれです。

PAの後ろのプラス【+】の数が多い程、紫外線A波を一番強力に防ぐというという事です。
≪PA分類と効果≫
PA + 「 効果がある」
PA ++ 「 効果がかなりある」
PA +++ 「 効果が非常にある」
PA ++++ 「 効果が極めて高い」

PA++で「防御効果がかなりある」のレベルですから、室内にいて浴びる生活紫外線を防ぐには「++」のレベルで十分と言われています。
ドラックストアで日焼け止めを買う際には、一度この【PA】を気にして選んでみてください。

まとめ

紫外線は肌が老化する。
それはわかっていても、どうやって、どこまで防げばいいのか?自己流の紫外線予防は効果があまりないのかも。
と思って調べました。いつまでも若々しい肌でいるためにも外出しない日の日焼け対策も頑張りたいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。