インフルエンザの予防接種は2歳でもするべき?必要性や2歳への効果をご紹介します。

毎年寒い時期にニュースでも話題になるのがインフルエンザの流行です。最近はインフルエンザの予防接種を受ける方も増えており子供にも受けさせる家庭も多いようです。赤ちゃんの時はそれほど外出しなかった子供も2歳ごろになると外の世界へとの接点が増えて来て、「今年は予防接種を受けさせるべき?」と悩むお母さんも少なくありません。ここでは2歳へのインフルエンザの予防接種についてご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種は2歳でもするべき??

0a243eb2d32bdad99c5d7474f6b46568_s

インフルエンザの予防接種は生後6か月から受ける事ができます。
しかし、インフルエンザの予防接種は任意なので予防接種ができる生後6か月などの赤ちゃんの頃から受けさせる人もいれば、子どもがある程度大きくなっても予防接種を受ける必要がないと考える人も多いようです。

わたしのまわりのお母さんは子どもが赤ちゃんの間は、寒い時期の外出自体が減りますので感染するリスクがそれほど多くないと考えたり、
子どもが小さすぎるが故に予防接種の副反応が怖くて受けないという判断をする人が多かったのですが(私もそうでした)
子どもが大きくなり2歳くらいになってきた今、
外出やお友達との交流も増えインフルエンザに感染する可能性が赤ちゃんの頃よりも高くなってきた
ある程度大きくなってきてこれまで他の予防接種を受けても平気だった
という事もあり、だんだんと受けさせる人・受けさせない人という風に意見が分かれてきました。

私自身2歳の娘に今年は予防接種を受けさせる必要があるのか迷ってしまったので色々と調べてみました。

インフルエンザの予防接種は2歳に必要?

【インフルエンザの予防接種を受けても、絶対に罹らないわけではない】
というのは皆さんご存知だとおもいます。
では2歳の子どもにインフルエンザの予防接種を受けさせる必要はあるのでしょうか?

インフルエンザの予防接種が必要と感じている人の意見をまとめてみると、
●予防接種をしたからと言って絶対に罹らないわけではないけど、重症化しないように受けさせておく
●お兄ちゃん、お姉ちゃんがいて幼稚園や学校からインフルエンザをもらってきそうだから
●子どもを保育園に入れているから感染しそう
●夫が会社や通勤電車でインフルエンザになるかもしれないから
このような理由からインフルエンザの予防接種を受けさせようと判断したようです。

インフルエンザになってしまったらインフルエンザ菌による細菌性髄膜炎などになってしまい重症化することもあるようです。予防接種で100%感染を防げないとしても、重症化しないように予防接種を受けさせる人はとても多いです。

スポンサーリンク

また、他の家族が集団生活や働いている場合には、インフルエンザに家族の誰かがかかってしまう可能性が高くなります。そうなると2歳のお子さんに感染してしまう事も・・・その時に少しでも発症を防げたり重症化を避ける為に受けさせる!という意見も。

インフルエンザの予防接種は2歳に効果あるの?

先にもお話しした通り、インフルエンザの予防接種を受けても、絶対に罹らないわけではありません。
では2歳の子どもにとってインフルエンザの予防接種はどのような効果があるのでしょうか?

まず、インフルエンザの予防接種はウイルスに感染する事を完全に防ぐ事はできません。
しかし、感染したウイルスが発症する事を押さえる効果があるのです。

要は感染しても発熱などのインフルエンザの症状を押さえ、肺炎や脳症などの重症化を防ぐ効果があるという事です。

また、厚生労働省によると乳幼児のインフエルエンザワクチンの有効性に関して概ね20~50%の発病防止効果があったと報告されています。

この20~50%という数字を多いと考えるか少ないと思うかは人それぞれだと思いますが、インフルエンザの予防接種のお子さんへの効果は少なからず「ある」と言えるのではないでしょうか?

まとめ

任意の予防接種を受けさせるかどうかを最終的に決断するのは親である私たちです。大切な子供を守りたい!だからこそ迷ってしまうのですが・・・。我が家は今年は家族全員で予防接種をうけてみようかなと思います。

★インフルエンザ関連記事★

インフルエンザの時期に児童館はNG?おもちゃからの感染を防ぐ冬にする予防法はコレ!

インフルエンザの予防接種は登園前にしてもいい?予防接種後の登園は拒否される事も?!

1歳でインフルエンザに後遺症の心配は?インフルエンザ脳症や症状もご紹介

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。