敬老の日のプレゼントで絶対喜ばれるのはコレ!貰って嬉しいアイデアプレゼントをご紹介!

敬老の日が近づくと、今年は何をあげようか・・・と悩む人も少ないくないようです。食べたり使ったりすれば消えてしまう物も気軽にプレゼント出来ていいですが、今年はきっと喜んでもらえて長~く使えるモノをプレゼントしてみませんか?ここでは敬老の日のプレゼントに実際にプレゼントして喜ばれたものやアイデアをご紹介します!

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントで喜ばれるものとは?

8f1d0dfcd00c7b06abc25abed8b69dbc_s

9月に入ると気になってくるのが敬老の日。
私も子どもが生まれてから敬老の日に贈り物をするようになりました。

最初のうちは和菓子やお酒などを贈っていたのですが、義両親が血糖値を気にしだしたり、お酒の量を減らすようになってからは何をプレゼントすればいいかわからなくなってきました。
そこで孫からという事にして手形アートをあげたり、フォトブックにしてみたり、形に残るプレゼントを贈るようになったのですが、これが意外と喜ばれて贈ったものはリビングに飾ってもらっています。

関連記事:敬老の日に孫から手形を贈るなら手形アート!プレゼントを100均でアレンジしよう!

そこで去年も何か孫に関連するものを・・・と考えたのですが、手形アートもフォトブックもしてしまったので他にアイデアが浮かびません。
やっぱり孫の写真が一番喜ばれるようで、敬老の日以外にも写真を渡したりしていたので今年もフォトブックにしようかな?と思っていた時に良い物を見つけました!

敬老の日のプレゼントで貰って嬉しいものはコレ!

敬老の日にやはり喜ばれるのは孫関連のものです。
実家のリビングには孫の写真が沢山飾られています^^

そこで思いついたのがデジタルフォトフレームを贈る事です!
デジタルフォトフレームはデータとして入れた写真をどんどんスライドショーのように画面に映し出してくれるものです。

それって高いんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、最近は安い物だと1,000円代で販売しています!

こちらの商品は動画もながせるそうですよ!

実際にデジタルフォトフレームに孫の写真データが入ったSDカードを入れてプレゼントしてみたところ、とっても喜ばれました!
私の自宅にもデジタルフォトフレームがあるのですが次々変わる写真は見ていて飽きませんし、ふと目に入った写真を見て旅行の思い出や子供の成長を感じる事が出来てとても良いです。
実はそんなに高価なものではないのにすごく喜んでもらえて、デジタルフォトフレームをプレゼントしたのは大正解でした^^

敬老の日のプレゼントにアイデアをプラスしよう!

デジタルフォトフレームの良いところは、あげて終わりではなくこれからもどんどん写真を更新していけるところです。
フォトフレームをプレゼントして以来、帰省するたびに、フォトフレームのSDカードに新しい写真を追加してあげています。
お父さんかお母さんがパソコンに強い方なら遠方でもメールで写真データを送れば自分で追加する事も出来ますね。
また、最近はSDカードもそんなに高くないので写真を取り込んだSDカードを郵送してもいいかもしれません。

プレゼントするときに更に一工夫するなら、その場でおじいちゃんおばあちゃんとお孫さんで写真を撮って、それもデータに入れてあげましょう!

カレンダーも写真と一緒に表示されるデジタルフォトフレームもあるのでそういうものを贈っても便利かもしれませんね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?今まで数々の物を敬老の日に贈ってきましたが、一番喜ばれたのがデジタルフォトフレームでした。余計な機能があまり付いていないものを選んだので操作が難しくなく使いやすかったのも良かったのかもしれません。そんなに高価なものではないので、今年の敬老の日に検討してみては?^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。