老人ホームでもハロウィンを!施設でのイベントや介護施設でのアイデアをご紹介!

年々日本でもハロウィンが身近な行事になりつつあります。最近では老人ホームなどの高齢者施設などでも10月にハロウィンの催しを行うところも増えているようです。
ここでは高齢の方でも楽しめるようなハロウィンのレクリエーションなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

老人ホームにもハロウィンを取り入れよう!

fb3c0a9c5670c50833953a1606c96a7b_s

ハロウィンはここ数年でこそ日本でも盛り上がりを見せていますが、ほんの少し前まではほとんどの方が知らないeventでしたよね。
当然、高齢の方は若い世代の方よりハロウィンに馴染みがありません。
しかし、近年では高齢者向けの施設でもハロウィンを10月のイベントとして取り入れているところが多くなっていっています。
その背景は若い職員の方が提案するという事が多いようですが、施設を利用しているご高齢の方からハロウィンのイベントをして欲しいと言われることも多いようです。
少しずつあちこちで浸透してきているハロウィン。まったくハロウィンに馴染みのないお年寄りも普段し慣れない事や出来事は脳の刺激になって良いのではないかという考えもあり、ハロウィンにちなんだ催しやレクリエーションを取り入れる施設が増えているようです。

ハロウィンを施設でする時のイベントのアイデアは?

では今年はハロウィンのイベントをやりましょう!
と決定したところで、いざやろうとしても何をすればいいのかわからないですよね。

実際にハロウィンの催しを行っている高齢者施設ではいくつかのハロウィンの楽しみ方のパターンがありました。

●職員が仮装をしておやつを配る
お年寄りの方に何かをしてもらうのは難しいと感じるのであれば、職員が仮装をして楽しませてあげましょう。

スポンサーリンク

●子供を施設に招いて施設利用者からおやつを渡してあげる
地域の子どもに参加してもらって、来てくれた子供におやつを配ってもらいます。
この場合、どうしてハロウィンに子供におやつをあげるのかを簡単にでも説明をしておくとハロウィンの理解が深まり、より楽しめるかもしれません。
また、子供に配るおやつは施設側であらかじめ用意しておくようにしましょう。

●ハロウィン喫茶
ハロウィンの日だけ施設の一室をハロウィン喫茶とし、仮装した職員がお茶やお菓子を振る舞います。
お出しするおやつも、かぼちゃが入ったものなどハロウィンにちなんだものにすれば更にハロウィンムードが高まりますね!

●ハロウィンパーティー
みんなで時間を決めて集まってハロウィンのパーティーをしましょう。
仮装がしてもいいという方もいらっしゃるかもしれませんので100均で魔女の帽子やかぼちゃのかぶりものなど、簡単にできる仮装グッズを容易しておいて、写真を撮るのもいいですね!

また、高齢者施設で行うハロウィン向けのレクリエーションやゲームのアイデアをこちらでも紹介しています。
関連記事:高齢者施設でハロウィンを!介護施設でのレクリエーションやゲーム、高齢者も楽しめるものをご紹介!
ハロウィンの催しの進め方などもご紹介していますので、参考にしてみてください^^

介護施設のハロウィン事情は?

毎年、「今年こそはハロウィンを取り入れたい!」と思いつつも、理解してもらえないのでは?お年寄りの方は楽しめないのでは?と悩んでしまい、なかなか特別な催しをするのを躊躇してしまう。そういう所も実際多いようです。

しかし、何か大々的に特別な事をしなくても少しずつハロウィンを取り入れていっている施設も。
例えばハロウィンの日にかぼちゃを食べたり、ハロウィンの飾り付けをしたり、そういうちょっとした変化でもハロウィンは楽しめると思います。

簡単なハロウィンの飾りの作り方はコチラ!
関連記事:ハロウィンにピッタリの折り紙で簡単に出来るリースの飾りの作り方をご紹介!

関連記事:ハロウィンパーティの準備や飾り付けは100均と手作りの合わせ技でバッチリ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。