兵庫県の天空の城ラピュタと言われる竹田城跡!雲海の見頃とスポットをご紹介!

ジブリの名作、「天空の城ラピュタ」。この作品のタイトルにもなっている空に浮かぶお城、【ラピュタ】そんなところが実際にあれば行ってみたいと思ったことはありませんか?
実はまるで「天空の城」のような風景を日本で見る事が出来るのです!ここでは兵庫県にある竹田城跡が「まるで天空の城」と言われる秘密は雲海にあります。竹田城跡や雲海が見られる時期や条件、スポットについて詳しくご紹介します^^

スポンサーリンク

兵庫県の天空の城ラピュタとは?

2b5cf9030ac5c13549232ae03daa69e2_s

兵庫県朝来市の山の上、標高約350メートルに立つ竹田城跡。ここ最近、この竹田城跡が絶景スポットとして人気を集めています。
竹田城が築城されたのはなんと今から400年以上前!にもかかわらず当時の石垣がそのまま残っており、日本の百名城にも選ばれています。
お城そのものは、もう残っていないのですが城の中であったであろう場所から眺める景色はとても素晴らしく、来訪者は後を絶ちません。

また竹田城跡は「日本のマチュピチュ」「天空の城」とも呼ばれており、その理由はある特定の時期に竹田城跡周辺でみられる雲海にあります。
雲海が発生した竹田城跡は、まるで雲の上にういているかのような幻想的な風景となり、ここが日本である事を忘れてしまうほど美しいものです!

せっかく竹田城跡に観光へ行くのなら是非雲海に浮かぶ幻想的な風景を見てみたいですよね!では次に雲海が見られる時期や時間などをご紹介します!

竹田城跡の雲海を見られる時期と時間をご紹介!

竹田城跡の雲海は年中見られるものでもありませんし、発生しやすい時期でも気温や湿度によって見られない事もあります。それでも見てみたいですよね!

スポンサーリンク

●雲海が発生しやすい条件
雲海の発生時期・・・10月~11月下旬
雲海の発生時間・・・明け方~8時頃
雲海の発生条件・・・
1.朝方と日中の寒暖差が大きい(約10℃以上)ある日
2.湿度が高い充分な放射冷却がある
3.快晴の日
4.風が弱い

このようにいくつもの条件が重なって雲海が発生するのでもしかしたら竹田城跡へ行っても雲海が見る事ができないかもしれません。
しかし、雲海が発生しなくても早朝の山頂の空気や、向かいの山頂から上る朝日、そしてその朝日に照らされる城跡の雰囲気はとても幻想的でそれだけでも行く価値ありかもしれません^^

竹田城跡の絶景スポットのオススメはここ!

では竹田城跡のオススメ絶景スポットをご紹介します。

●雲海を見る場合

竹田城跡は広くいくつかのスポットがありますが、雲海を見るのなら南千畳二の丸が鑑賞するのにはおすすめです。
資料:竹田城跡観覧ルート

また雲海を見るなら竹田城跡へ行かないと!と思われる方が多いと思いますが、実は良く写真などに撮られている竹田城跡が雲海に浮かぶ光景は実は向かいの立雲峡から見た風景なのです。
雲海目的でいくのなら、この立雲峡で雲海の発生を待つのもアリです。雲海が発生した場合は想像通りの「雲海に浮かぶ城跡」が見えるでしょう。

●朝日を見る場合

朝日を見るのが目的なら先にもご紹介しましたが竹田城跡から向かいの山を見るのがポイントです。山の間から上る朝日に照らされて朝焼けに染まる景色を楽しめます。

最後に

竹田城跡で雲海が見られるのは1年で20日~30日と決して多くはありません。でもだからこそ「見てみたい!」と思ってしまいますよね^^天空の城と呼ばれる竹田城跡に運試しも兼ねて一度は足を運んでみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。