子どもへの漢方の飲ませ方や飲みやすい方法をご紹介!薬を飲ませる工夫も。

先日娘が風邪をひいて病院に行ったところ漢方の薬を貰いました。ただでさえ薬嫌いの娘にどうにか漢方薬を飲まそうと試行錯誤して飲ませる事に成功した方法をご紹介したいと思います!薬嫌いのお子さんを持つお母さんのお役に立てますように^^

スポンサーリンク

子どもへの漢方の飲ませ方は?

2歳の娘が鼻水を出しました。我が家にとってそれは、長い長い娘との薬戦争の幕開けを意味しています。
毎回娘に薬を飲ませる事に苦労しており、飲ませる事に成功したり、失敗したりで、そのせいなのか娘の風邪は一度ひいてしまうと長引いてしまう事が多いのです。そうすると更に薬を飲ませる期間も伸びて悪循環・・・。
今回こそは早く治してあげたい気持ちもあり、鼻水が出て早々に病院に行ったのですが、なんと出された薬は漢方薬でした。大人の私でも苦手な漢方薬!!2歳の娘に飲ませる事はできるのでしょうか?

まず薬の袋を開けて匂いを嗅いでみましたが、これがまたとっても独特な匂いです。ちょっと舐めてみると苦味はそこまで無いものの、シナモンのようなニッキのような香りと微妙な甘さ。
本来漢方はお湯に溶いて飲むものらしいですが、それは絶対に無理と判断しました。

そうなると
●少量の水で練って団子状にして子どもの口の中に入れてお茶で流しこませる。
●何かに混ぜてばれないように飲ませる
この2つの方法しかありませんよね。
とにかくこの方法のどちらかが成功すれば・・・と願って両方試してみました。

漢方の飲みやすい方法は?

とにかく混ぜるにしてもそのまま飲ませるにしてもまずは薬を粉状から固形にする必要があると思い、団子状に練ってみました。

●団子状に練ったものを子供のほっぺたの内側や上あごに貼り付けてお茶などで飲みこませる

この方法は、以前漢方以外の薬で試したところ、口に入れた途端大泣きされた挙句、吐き出され、見事失敗に終わったのであまり期待できなかったのですが、前回から数カ月経っていたこともありもしかしたら成功するかもと淡い期待を持って試してみましたが、あっけなく失敗に終わりました。
というか大泣きしながら漢方薬を吐き出そうとする娘と、どうにか口にお茶を流し込もうとする私との戦いで娘の服やら机やら床やら何かとグッチャグチャになりました・・・涙

●何かに混ぜてばれないように飲ませる

香りや味が独特な漢方薬を子供に飲ませるには、やはりこの方法しかないと思います。(薬によっては混ぜてはいけない組み合わせもあるかと思いますのでご注意ください。今回の薬は大抵のものは混ぜてもOKと薬剤師さんに予め聞いていました。)

今回混ぜたものは
・ゼリー
・チョコアイス
・カレー

この3つです。

まず、よく薬局などに売っている薬を包み込んで飲ませるゼリーに混ぜて飲ませてみましたが、つるんっと飲み込むのではなく思った以上に娘がゼリーを味わってしまったがために漢方薬の味・香りもバッチリしたようで瞬時に吐き出されました。

次にチョコアイスです。我が家ではチョコはまだ禁止だったのですが、薬剤師さんがチョコアイスが一番わかりにくくてオススメです!と教えてくれたので薬を飲ませるためならと挑戦してみました。が、まずチョコアイスだけを食べさせてみたのですが、その時点で初めて食べるチョコレートの味やアイスの冷たさにびっくりしたのかすごく嫌な顔をしてそれ以降食べてくれませんでした。。。
我が家では失敗でしたが、チョコが好きなお子さんには有効かもしれないので試してみる価値はあるかもしれません。チョコアイスの他に、ホイップタイプのチョコもうまく薬を練り込めるようで薬を飲ませる時に活用しているお母さんもいるようです!

スポンサーリンク

そして最後にカレーです。これは結論から言うと大成功でした!食べさせる前に味見しましたが、全く漢方の香りも味もしなかったです。カレー大好きな娘は薬が入っていると気づく様子もなく「おいしーね!おいしーね!」と喜んで食べていました^^漢方の薬は結構量が多いのですが、それを全部一気に混ぜ込んでも全然薬の味はしませんでしたよ!カレーの他にもハヤシライスも試したのですが、そちらも問題なく食べて(飲んで)くれました^^
しかし、薬を飲み切るまで毎食カレーというわけにはいかないので、結局無理矢理口に入れて飲ませる事も必要になってきましたが、娘が嫌がらずに漢方を飲んでくれる方法が1つでも見つかっただけでもだいぶ助かりました。

子どもに薬を飲ませる為にしておくこと。

前回薬が出された時も苦労したと書きましたが、その時は娘にあまり市販のおやつやジュースを与えていなかった為、人工的な甘味が苦手な子供でした。
ですので、いざ薬を飲ませようとしたときに急にジュースやゼリー、アイスを食べさせようとしても当たり前ですが受け入れてもらえず、何かに混ぜるという方法が全く出来ません。
その結果、数日の間は毎回押さえつけて無理矢理薬を飲ませるという娘にとっても私にとってもストレスのたまる日々でした。
その反省を踏まえて、それまで禁止していた市販のおやつやジュースも、ごくたまには食べさせるようにして人工的な甘さに慣れさせるようにしました。
その結果、漢方薬は無理だったと書きましたが、普通の薬はゼリーに混ぜれば楽々飲ませる事ができたので良かったと思います。

市販のおやつやジュースを子供に与えず果物や手作りのおやつを作ってあげているお母さんもとても立派だと思いますのでどちらが正解とも言い切れませんが、薬を飲ませる一つの方法としてたまにはジュースなどを与えて備えるのもアリなのかもしれません。

最後に

あの手この手で必死に数日間戦った甲斐があったのか、前回に比べて比較的早く鼻水も咳もおさまり、重症化する事もなく、おかげさまで娘は元気になりました!体調を崩しているときに無理矢理薬を飲ませるのは本当に心苦しいですし、体力も消耗します。できるだけ薬を飲む機会が無くなるように、体調管理をしっかりとしてあげたいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。