甲子園で日陰の席を確保したい!午前中、午後に分けて日陰の席をご紹介!

夏に盛り上がると言えば高校野球ですよね(*^▽^*)

せっかくだからこの夏は甲子園に応援に行きたい!

でもいざチケットを取るとなるとどこの席で見ればいいのか迷ってしまう人もいるのでは?

真夏のしかも日差しが突き刺さるように暑い日中に行われる高校野球では

日陰の席を押さえるのがベストです!

ここでは甲子園球場の日陰になる席をご紹介します!

スポンサーリンク

甲子園で日陰になる席はどこ?

高校野球のチケットを取る時に、

良く分からないし無料だから外野席で見よう!

なんて気軽に考えてはいけません。( 一一)

外野席は日差しを遮るものが何もなくとんでもなく暑いです。

暑さ対策を万全にして行ったり、

小さいお子さんが居ないのでしたらそれでもいいと思いますが、

そうでなければ真夏の外野席で長時間高校野球を観戦するのはとても大変です。
ではどこなら過ごしやすく高校野球を観戦する事が出来るのでしょう?

甲子園map

引用元:第96回全国高等学校野球選手権大会

日陰になる場所は甲子園球場の銀傘と言われる屋根のある場所です。

銀傘があるのは

【中央特別自由席】【1塁特別自由席】【3塁特別自由席】です。

アルプス席と外野席には屋根がありません。

ですので、夏の高校野球を観戦するのなら

屋根のあるこの3つがおすすめです。
しかし、銀傘がかかっている席は

ところどころに銀傘の柱があるので見えにくい席もあるかもしれません。

また、【中央特別自由席】【1塁特別自由席】【3塁特別自由席】

スポンサーリンク

屋根があるといっても、どこの席でも日陰というわけではないんです!(;’∀’)
この3つのいずれの場所で観戦するにしても、

前列の方は銀傘がかかっておらず日が当たりますし、

【1塁特別自由席】・【3塁特別自由席】については

時間帯によって日陰になったり日向になったりするのです。

日陰の席として一番いいのは【中央特別自由席】の上の方で、午前午後とも日陰です。

しかし、【中央特別自由席】は前売り券が無く、当日にしかチケットが買えません。

それに加えとても人気のある席なので

中央特別席のチケットの手に入れるには

開門の数時間前から並ばなければならないなんて事も・・・。

なので事前にチケットを購入できる

【1塁特別自由席】・【3塁特別自由席】がおすすめなのですが、

この2つのどちらの席に決めればいいのでしょうか?

それは自分が見たい試合の時間によって変わってくるのです。

甲子園で日陰の席は午前中ならどこ?

午前中に日陰が多いのは【3塁特別自由席】です。
観戦したいのが第1~第2試合なら3塁特別自由席が正解です。

しかし、先にも書きましたが、

あまり下に座ると最初は日陰でも時間と共に日なたになってきますので

出来るだけ上の方に座る事をおおすすめします。

場所にもよりますが13時頃までは日陰の席が多いです。

甲子園で日陰の席は午後ならどこ?

午後に日陰が多いのは【1塁特別自由席】です。
3試合目くらいから日陰になってくる席が多いので、

少し悩ましいですが4試合目なら間違いなく一塁側特別自由席が正解です。

【1塁特別自由席】・【3塁特別自由席】もとても人気のある席ですし

販売枚数も限られています。

前売りもすぐに売り切れてしまうので前売りチケット販売開始時間は必ずチェックしておきましょう!

日陰とか関係なく人気の座席を知りたい方はこちらをチェック☆

甲子園で人気の座席はここ!選び方や高校野球におすすめの席をご紹介!
夏に盛り上がるのは高校野球ですよね!! 今までテレビの前で試合を見ていたけれど 「今年は応援にいく!」と言う人も沢山いる...

日陰でも暑さ対策を!

日陰の席だからと暑さ対策を怠ってはいけません。

日陰でも冷房が効いているわけではないので充分暑いです。

熱中症にならないためにも充分過ぎるほどの暑さ対策をして応援に出かけましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。