日焼けを早く戻す方法は?日焼けを治す食べ物や米ぬかのパワーもご紹介!

気を付けていたのに、うっかり日焼けをしてしまった。海に行ったらすっかり焼けてしまった。外でのレジャーが多くなるこの時期、楽しい時間の後に日焼けに気づいて後悔・・・なんて事、ありますよね。
ここでは日焼けをしてしまった後に早く肌を元に戻す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

日焼けを早く戻すにはどうすればいいの?

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s

うっかり日焼けをしてしまった肌。そのままにしていては肌がダメージを受けたままになってしまいます。内側から外側から素早くケアをする事で元の肌に近づけましょう!
その為にするべきことは次の3点です。

1.更なる日焼けをしないように心がける!

2.新陳代謝を高める食べ物を摂取する事で内側からケアする!

3.メラニン色素を薄くする為に外側からケアをする!

まずは次の日焼けをしないように心がけることが一番大切です。日焼けをしてしまった肌に更なる日焼けを重ねると肌はダメージを受け続けて白く戻るどころかどんどん老化が進んでいってしまいます。「もう日焼けしてしまったしいいや」
と諦めてしまっては絶対にいけません!これ以上ダメージを受けない為にも紫外線対策をきっちり行うようにしましょう。

日焼けを治す食べ物を積極的に採ろう!

日焼けした肌を戻すためには、新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを促し、日焼けした肌から新しい肌へ生まれ変わらせてあげることが大切です。
若いうちは新陳代謝がいいので何もしなくてもいいかもしれませんが、歳を取るごとにターンオーバーのサイクルは長くなっていってしまいます。そこで新陳代謝が上がる食べものを食べる事で肌の再生する力も上げましょう!

●新陳代謝を上げる食べ物●

玄米
玄米は新陳代謝を高めるビタミンB群が非常に多く含まれています。さらに玄米に含まれるビタミンEには抗酸化作用がありアンチエイジングの効果が期待できます。

スポンサーリンク

お茶
緑茶には基礎代謝を上げる効果がある他、緑茶に含まれるビタミンCには肌を黒くするメラニン色素の生成を抑える効果もあると言われています。

亜鉛を含む食べ物
亜鉛には肌の新陳代謝を活性化させる働きがあります。牡蠣や海苔、ごま、ビーフジャーキーにも亜鉛は含まれています。

ターンオーバーによってシミの原因になるメラニン色素も排出されますので美肌を目指すためにも新陳代謝を上げる事は大切です。日焼けをした後は、新陳代謝を上げる食べ物を意識して摂取するようにしましょう。

美白するなら米ぬかは効果抜群!

肌を白くするには、先ほど紹介しましたように新陳代謝を上げて日焼けした古い角質から新しい肌へ生まれ変わらせるのも効果的ですが、日焼けによって出来てしまったメラニン色素を薄くするという方法もあります。

メラニン色素を薄くするには、肌を白くする効果があるビタミンC誘導体を配合した化粧品を使うという手がありますが、さらに美白効果を高めたい時には米ぬかがおすすめです。

米ぬかには肌の新陳代謝を上げる効果もありますし、米ぬかに含まれるビタミンB2にはメラニン色素を薄くするビタミンCの働きを助ける効果があります。さらに米ぬかにはもともとの肌に存在するきれいな肌には不可欠な セラミドという物質と同じ作用をもつ 【米ぬかスフィンゴ糖脂質】が含まれています!

米ぬかの美白効果を実感するには米ぬかパックが一番です。
米ぬかと小麦粉を2:1で混ぜたものをぬるま湯に溶き洗顔後の肌に塗り10分程置きます。米ぬかパックは昔からなじみのある美容方法で、美白と言えば米ぬかパックと言われていた程です。

米ぬかはスーパーで売っているところもありますが、精米所では無料でもらえる所もあるそうです。ネットでも購入することができますが、くれぐれもぬか漬け用の塩が入ったものを使わないように気を付けてください。

米ぬかを手に入れるのが難しい、パックを自分で作るのが面倒という方にはお米の美肌成分で作られた化粧品もありますので、そういうものを使うのも良いですね。


最後に

うっかり日焼けしたことで黒くなってしまった肌は、いつかは元の色に戻りますが、紫外線によってできたメラニン色素はそのままにしておくとシミ・そばかすになってしまいます。そのためにの素早い対処をして紫外線ダメージから肌を守りましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。