紫外線で目からも日焼けする?目の日焼け対策とサングラスの選び方もご紹介!

暑くなってくると気になるのは紫外線。日焼けをしたくない一心で必死で日焼け止めを塗ったり、外出の際には日傘をさすなど紫外線対策を徹底して行っていてもなぜか毎年焼けてしまうという方はいませんか?もしかしてそれ、目から入ってくる紫外線のせいなのかもしれません。
ここでは紫外線と目の関係や、目の日焼け防止方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線で目からも日焼けするって本当?

紫外線は目にも有害で、白内障の原因にもなるという事を知っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、紫外線の目への影響は白内障やそれ以外の眼の病気の原因になるだけではありません。紫外線を目に浴びると、日焼け止めを塗っていたり服を着ている事で紫外線が当たらない場所も日焼けしてしまうという不思議な現象が起こりうるのです!
実は日焼けの原因にもなるメラニンは紫外線を吸収して、肌に炎症が起こるのを防ぎ細胞を守る役目があります。紫外線を目に浴びると、脳が肌の細胞を守ろうと「メラニンを作れ!」と命令を出し、そのメラニンによって体全体が日焼けしたように黒くなってしまうのです。
これは目だけに限った事で、例えば耳に紫外線を浴びてもメラニンが増えるのは耳だけで、脳が体全体のメラニンを増やすように命令をするのは目に紫外線が当たった時だけという実験結果が出ています。
上記の事から、目の紫外線対策がいかに大切かがわかりますよね。ではどうやって目を紫外線から守ればいいのでしょうか。

目の日焼け対策をご紹介!

目の日焼けにはどういった対策をすればいいのでしょうか。

●サングラスをする
日焼け対策の王道ですね!
●UVカット機能つきのコンタクトレンズをする
大手メーカーのUVカットコンタクトレンズであれば紫外線A波紫外線B波共に装着時の紫外線のカット率は役80%以上はあるようです。しかし、コンタクトレンズは黒目にしか装着されていない状態なので、白目を守るためにもサングラスとの併用をおすすめします。
☆コチラのサイトではUVカット機能付きコンタクトやサングラスが販売されています。

●帽子をかぶる
帽子は顔や首の日焼け対策としてカぶる方も多いと思いますが、帽子をかぶると目に入る紫外線も約30%防げます。

紫外線を浴びてしまった後は…

スポンサーリンク
●紫外線ケア用の目薬を使う。
これは紫外線予防ではなく、紫外線によってダメージを受けた目の炎症を抑える役割をしてくれます。紫外線を浴びた日程しみるとの噂も。

日焼け対策のサングラスはどんなものを選べばいい?

先程紹介した目の紫外線対策の中で手軽に実践できるのが帽子とサングラスの着用だと思います。
ではサングラスはどのようなものを選べばいいのでしょうか?

目の紫外線対策にぴったりのサングラスは次のようなものです。

●UVカット率の高いもの
●色の薄いもの(UVカット機能付きであれば透明でも可)
●かけたときに顔とサングラスの隙間が出来るだけ少ないもの

ただの色の付いたサングラスは太陽の光のまぶしさは和らげてくれるかもしれませんが、紫外線対策には何の役にも立ちません。必ずUVカット機能がついた物、その中でもカット率が高いものを選ぶようにしましょう。
色は濃いものの方が紫外線を防いでくれそうに思われがちですが、暗い色のサングラスをかけていると目の瞳孔が開く為に普段よりも紫外線が目に入りやすくなってしまいます。色の薄いもの、又は透明のメガネでUVカット付きの物がいいでしょう。
そしてサングラスをしたときに、顔とサングラスの隙間があまりにも開いているものは、その隙間からも紫外線が入ってきてしまうのでおすすめできません。

最後に

朝、一番に日焼け止めを塗って、日中もこまめに塗りなおして、外では日傘に帽子・・・なんて努力も、目に入る紫外線よって水の泡だなんて悲しすぎますよね。これを知ってからは、ちょっと外に出る時もなるべくサングラスをかけるようにしています。目を守る事で体全体を日焼けから守りましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。