結婚式での靴のマナーはサンダルNG?ストッキングの色や小物のマナーもご紹介!

結婚式に招待されたときは、花嫁とかぶる白いドレスを着て行ってはいけない。これは誰でも知っているマナーですよね。しかし以外と知られていないのが靴など小物に関するマナー。あなたも知らず知らずのうちにマナー違反の服装で披露宴に出席していたかも・・・?ここでは結婚式に参列する際の靴や小物に関するマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式での靴のマナーはサンダルNG?

dee110cd88f006899fe687134132a861_s

結婚式に招待されて参列する場合の靴はプレーンなパンプス、バックストラップが基本です。ミュール・サンダルはもちろん、パンプスでも指先がみえているオープントゥも世界共通でフォーマルな場ではマナー違反とされています。

靴屋さんやネットなどで「最近は結婚式でもサンダルやミュールを履く人が増えているので問題ない。」などという意見もありますが、【昔はタブーだったけれど最近は】などといったマナーのグレーゾーンの装いは辞めておいた方が無難です。
同世代の友人などからは何も思われなくても、結婚式は親族などご高齢の方もいらっしゃるの場なので「非常識」だと思われてしまうかもしれません。キチンとマナーに沿ったオシャレをして、品格ある女性として結婚式に参列しましょう。

結婚式にふさわしいストッキングの色は

結婚式に参列する際は、素足は絶対にNGです。
ではどのようなストッキングを履いていけばいいのでしょう。
足元はベージュのナチュラルストッキングが基本です。黒タイツ・カラータイツ・網タイツ・そして何度も言いますが素足は絶対にNGです。
タイツはカジュアルなアイテムとみなされているので結婚式にはふさわしくありません。

スポンサーリンク

しかし、せっかくの結婚式。普段履くようなベージュのストッキングではなく、もうちょっとオシャレをしたいという方は、肌色だけど格子柄が入ったものや、足首にワンポイントでビーズなどが付いたストッキング、ラメが入ったストッキングなどを選ぶといいですね。

結婚式では小物のマナーにも気を付けよう!

結婚式に参列する際の靴などのマナーを知ると、今度は他の小物はどうなんだろう?と気になってきませんか?
鞄や髪飾りなどの小物はどんなものが結婚式に向いていて、何がNGなのでしょう。

小物の色は白色でもいい?

まず、小物の色に関してですが、ドレスでは花嫁と被るのでタブーとされる白でも、小物ならマナー違反にはなりません。ただし、あまりにも白色のものがばかりを選んで全体的に白の割合が多くなるのは避けた方がいいでしょう。

頭につける髪飾り、お花をつけてもいい?

お花を付けるのは花嫁の特権と考えられています。ですので生花を付けるのはもちろんNGですし、【造花や白色でないならOK】とか、【小さいお花ならOK】という人もいますが、せっかく参列する結婚式の間中、「やっぱりマナー違反ではないかな?造花だから大丈夫かな?」と気にしていては楽しめませんし、お祝いする気持ちもそぞろになってしまいそうです。靴と同様、マナーのグレーゾーンの装いは辞めておきましょう。

鞄は小さめのものならどんなものでもいいの?

最近はブランド物のポシェットなどを鞄として持ち参列する方もいるようですが、やはり結婚式にはパーティバッグが正式です。
下記サイトなど最近ではパーティーバッグが2,000円代で可愛いものが沢山あります。


ブランドものの高いポシェットより、安くてもきちんとパーティーバッグとして売られている物を持ちましょう。

最後に

一番大切なのは新郎新婦を祝福する気持ちですが、その新郎新婦に迷惑をかけないためにも、最低限のマナーに沿った装いで参列したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。