入園式の写真で失敗しない子供を可愛く撮るコツやスマホ撮影テク

幼稚園や保育園の入園式って、

お子さんにとって初めての晴れ舞台!

となる事も多いですよね!

そうなると当然、思い出に残るような良い写真を取ろうと

親は張り切るわけですが・・・

ただやみくもに頑張ったり

「気合い」だけではいい写真はとれません(-ω-)

かといって高性能の高級なカメラがあれば良い!

というわけでもありません(*´Д`)

そう、

必要なのはちょっとしたコツとポイント、

そして愛情!( *´艸`)←いやこれホント。

それさえ押さえておけば

スマホでもすっごく可愛く素敵な写真が撮れるんですよ~!

スポンサーリンク

入園式の写真撮り方で失敗しないポイントを知ろう!

入園式の写真といえばどんなものが思い浮かびます?

やっぱり

「○○幼稚園 入園式」と書かれた看板の前で
硬い表情でピースをする子供・・・

じゃなですか?

これを読んでいる方は、

どうにか入園式の看板の前で良い写真が撮れないか・・・?

と考えている方が多いんじゃないかな。

確かに看板の前で撮る写真も記念に残ります!

でも、入園式の写真はそれがすべてではありません。

それに入園式当日の看板は一番の人気撮影スポットとなるんで、
中々ゆっくり、じっくり、看板の前で写真を撮るというのは難しいです。

次の家族が待ってたり、
他の家族と一緒に映っちゃったりするんでね|д゚)

そんな中でどうにか無理に
良い写真を撮ろうとしても、

・沢山の人が映ってて誰がメインかわからない
(人が多い入園式でありがちな失敗)

・笑顔の写真が撮れない
(子どもにとって慣れない場所なので当たり前なんですけどね)

・全体的に暗い
(入園式が晴れの日とは限りません)

というような、
残念な失敗写真を残してしまう事に・・・。

看板前でゆっくり撮影の時間が取れるなら、
そこでトライしてみるのもいいと思うけど、

そうじゃないなら看板前での写真はささっと数枚撮ってしまって
他の場所に移動して撮影した方がゆっくり良い写真が撮れますよ!

といっても

「じゃあ、どこで入園式の写真を撮るの?」

となりますよね(^ ^;)

☆入園式らしい良い写真を取るのに絶好のスポットは?

入園式の写真を撮るのに適している場所。
それは

・桜の木の前

・菜の花の前

・公園

なんです!

桜や菜の花は「春」を象徴する花なので

真新しい制服を着た子供と一緒に撮影すれば

充分「入園式らしい」写真が撮れます。

お花見ではないので、

何本も何本も、沢山の桜が咲いている場所でなくても

桜の木一本あれば充分なので

前もって近所で桜の木があるスポットを調べておきましょう!

☆桜の木や菜の花の前で上手に写真を撮るコツ

桜と一緒に子供を取る時は、

桜の木の前に子どもを立たせて・・・・

と想像してませんか?

いやいや!
それじゃ「入園式」の看板と一緒ですから!

もっと素敵な写真を撮るテクニックは

「子どもの背景を桜だけにする」

という所です。

撮影する子どもの背景に
桜以外の物が映り込まないように撮る
という事なんですが、

具体的な方法は

・下から覗き込むように写真を撮る
こうすると子どもの背景が桜と空だけになります。

・子供を抱っこして桜に近づける
親も入ってしまいますが、桜以外のものが映り込まないように撮りやすいです。

菜の花も同じで、
菜の花と子供しか映らないような構図を考えましょう!

↑この構図も素敵ですね!

そして普段から遊んでいる公園は

子どもが自然体でのびのび遊べる=笑顔が撮れる

絶好の撮影スポットです!

桜が咲いている公園だったら一石二鳥ですヨ( `ー´)ノ

子供を笑顔を可愛く撮るために笑わせるコツとは?

子どもの写真を撮る時によくありがちなのが

せっかくのロケーションなのに、
子どもの顔が全然笑ってない・・・!!!

という事ですよね(-_-)

子どもは思い通りになりませんからね~。

「笑って」と言って笑ってくれるかどうか・・・。

しかも、その瞬間をちゃんと撮るのって、本当に難しいです。

子どもの笑顔の写真を撮るコツは

・くすぐる

いっぱいくすぐって、いっぱい笑ったら、
もうちょっとの事でも笑ってしまう興奮モードに入るこどもが多いです。

うちの子は「もう一回コチョコチョしようかな~」
といって一歩近づくだけで、まだ何もしてないのにキャハキャハ笑います。^^;

・ジャンプさせる

ジャンプする時って、笑顔になってしまう子供って多いですよ!
真顔でジャンプしてる子供ってあんまりいません。

「ジャンプして!」「上手~!」
などとおだてると喜んでピョンピョンしてくれます!^^

ジャンプは笑顔になるだけでなく動きのある写真が撮れます。

・とにかく頑張って笑わせる

笑わせ方は、その子のツボを良く抑えているご両親が一番分かっていると思いますが、
笑わせるコツはカメラを覗き込みながらではなく
ちゃんと子どもの目を見て笑わせる事です。

スタジオアリスの人も、子どもを笑わせる時は一度カメラから目を外して、
子どもの顔を見て笑わせていました。

また、自分が少し先を歩いてカメラを構えて、
こっちに走ってくる姿を撮るのもいいです。
嬉しそうに自分に向かって走ってくる姿、
残しておきたいですよね(*^-^*)

そして入園式だけでなく、どんなシチュエーションでもそうなんですが

笑顔の写真を撮る一番のポイントは・・・

枚数をこなす事

もう、これしかないと思います。

数枚撮ってバッチリ笑顔の良い写真を残せるなんて

最初から思わない事です。

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる!」の精神でバッシバシ撮っていきましょう

カメラの連射モードも結構使えますよ!


スポンサーリンク

スマホで写真を撮る時に押さえておくべきコツ!

子どもの入園式の為に、

デジカメや、思い切って一眼レフなんかを新しく買う方も多いようですが、

最近はスマホでもかなりキレイに撮れますよ!

幼稚園の入園式は平日のところも多いので、

ママ一人だったりすると沢山の荷物にプラスカメラを持ってくるって大変!

「一眼レフを持ってるけど、荷物になるから」と

入園式の写真をスマホで撮るお母さんも多いです。

しかし、そこは子どもの大切な入園式、

普段はカメラを起動してシャッターボタンを押すだけの人も

この日だけはスマホのカメラ機能を最大限活用して撮影に挑みましょう!

スマホによってカメラの機能が違うから

これをこうした方が良い!とは言いにくいんですが、

その中でも「ここは押さえておくべき」というポイントをお伝えしときます!

☆スマホでキレイに写真を撮るコツ

前もって自分が使っているスマホのカメラ機能に
どんなモードがあるのか確認しておきます。

・画質を一番良い、高画質のモードに変えておきましょう!

画質が低いと、画面で見ていてキレイでも印刷したら荒い。なんてこと良くあります。
後で印刷したり、年賀状に使うなら高画質にしておきましょう。

・連射モードがあるか見ておきましょう!

笑顔の瞬間を逃さないように連射モードがついてるか、
どうやったら使えるのかなど確認して^^
シャッターボタン長押しで連射撮影というスマホもありますよ!

・ホワイトバランスの使い方も知っておくと◎

ホワイトバランス・・・?と初めて聞く方も多いかもですが、
結構最近のスマホにはどれでもついている機能です!

簡単にいうと、曇りの日や暗い日に写真を撮ると
全体的に青っぽい・暗い写真になりがちですが、

このホワイトバランスの「曇りモード」や「日陰モード」を使うと
極端に言えば赤っぽい、温かみのある写真になります。

この機能を使う事で写真の雰囲気がガラッと変わるので、
本番前に一度試して撮影してみてください!

・メモリのチェックも忘れずに!

高画質モードで撮ると、保存するたびに結構メモリを使うので
スマホの空き容量が無くてこれ以上撮影できない!なんてことにならないように、
要らないデータは消すとか、他に移すとかしておきましょう。

ぶっつけ本番にするんじゃなくて、
それまでに何度か色んなモードで子供を実際に撮ってみて
試しておくだけで、
入園式当日の撮影にかなり差が出てきますよ~( `ー´)ノ

入園式に良い思い出を残すなら・・・

子どもの入園式は一生に一度。

だからこそ記念に良い写真を残したい!

でも

一生に一度だからこそ

その風景をしっかりと目に焼き付けたり

その場の空気などを覚えておくことも大切だと思います。

写真を撮る事に夢中になるあまり
カメラ越しにしか子供を見てなかった!

なんてことにならない様に、

しっかりその瞬間のお子さんを見てあげてくださいね。

そして初めての事&場所で不安と緊張が入り混じっているはずの子供さんと目が合えば、
笑って手をふって安心させてあげてください(*^-^*)

それがお子さんの笑顔を引き出す最大のポイントかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。